海老澤 和夫
EBISAWA Kazuo


1980年6月21日生まれ。茨城県出身。
大学時代、油絵を専攻する傍ら、映像に興味を持ち、初めてのアニメーション制作を手掛ける。
大学卒業後、映像系専門学校に進学。同校にて就学中、ユーリ・ノルシュテイン氏の作品と出会う。同氏の作品に影響され、本格的にアニメーション制作を始める。
映画、車、バイク、自転車を趣味とする。

1980年
茨城県に生まれる
2003年
モーショングラフィック「少し遠くを見て過ごす日」を制作
文星芸術大学油彩科卒業
早稲田大学川口芸術学校映像情報科入学
ユーリ・ノルシュテイン氏の作品と出会う
2004年
初の手描きアニメーション「白玉と黒玉」を制作
初の切り絵アニメーション「電車」を制作
「学びたいは終わらない」を制作
2005年
「ふくをきたカラス」を制作
ユーリ・ノルシュテイン10日間連続ワークショップ参加
「ふくをきたカラス」ラピュタアニメーションフェスティバルvol.6 2005 第6回ユーリー・ノルシュテイン大賞ファイナリスト
2006年
「ふくをきたカラス」東京国際アニメフェア(東京アニメアワード2006)グランプリ受賞
早稲田大学川口芸術学校映像情報科卒業
2007年
「ふくをきたカラス」BroadStar Award 2007 特別賞受賞



Top